整形手術で唇を薄くする魅力とは何か

厚めの唇はセクシーで魅力的なパーツと言えます。唇を分厚くするリップや注射で分厚くする人も多いです。しかしセクシーであると同時にだらしなく見えてしまい、バランスによってはたらこ唇と言われてからかわれる事もあります。特に男性にとっては分厚い唇にメリットがあまりないため、コンプレックスになってしまうこともあります。こういったことを解消するのが唇を薄くする整形手術、口唇縮小手術です。この施術はプチ整形に比べて高価な分、メリットは大きいです。特におおがかりの手術の割に回復が早いことは最大のメリットです。その理由は患部が粘膜であるということです。さらに傷跡が目立ちにくく自然な仕上がりになります。そして効果についてもプチ整形とは違って半永久的に続きます。コンプレックスを半永久的に解消できるなら素晴らしいことだといえます。

唇を薄くする手術の具体的な方法

唇を薄くする整形手術は口唇縮小術といいます。こちらの美容整形手術は男性の割合が比較的多い施術です。唇の厚さは上唇8ミリ下唇10ミリが理想といわれますが、それぞれの骨格やその他のパーツとのバランスがあります。医師から見た唇のバランスと患者の要望を合わせて、適切な暑さの唇に修正します。唇はドライリップとウェットリップに分けられ、ドライリップは唇の乾燥した部分で、ウェットリップはその逆に口を閉じたときにピッタリ合うところのことを言います。口唇手術はこのドライリップやウェットリップの際に沿って切開していき、粘膜と筋肉を取り除いたのちに縫い合わせする施術方法です。施術方法の説明から考えても簡易手術ではなく、唇を薄くするには切開と縫合が必要になります。麻酔は塗布するタイプと局所麻酔の両方を使用し、施術中は意識があります。とはいえ手術は1時間以内で終わるため体への負担は少なめです。

唇を薄くする整形手術のデメリット

唇を薄くする整形手術はメリットに比べて、デメリットは少ないですが、患者本人の体質や骨格の個人差によるところが大きいです。例えば、術後に縫い合わせた部分に血が溜まってしまうことがあります。時間が経てば治ると放置してしまうとしこりや感染症の原因になります。クリニックの説明と違うなと感じたらすぐに電話やメールで相談しましょう。再度切開して血を取り除く場合があります。稀ですが傷が開くこともあります。この場合も通院して再度縫合してもらいましょう。切開が伴う施術は同時に切った部分から細菌が入り込み、感染症を引き起こす危険があります。通常でも麻酔の切れたあとは痛みがありますが、患部が熱を持ったように痛んで長引く場合は感染症かもしれません。術後は抗生物質を処方されますが、きちんとクリニックに相談することが大切です。